ひとりごと

伝えてみようと思ったら、スマートフォンならすぐできる。いますぐできる。急に、そんな時ありませんか?伝えるべきだと思う。ぜったいに。伝えなければ、いつか後悔することになる。そうゆう日がやってくる。

仕事が忙しくなってきて、だんだんビジネスに集中するようになっちゃったりすると、自分の事ばかり考えるようになるんだけど、ふとしたときに誰かがいないといけないことに気づく。でも、たいてい、そんなときには誰かがいない。大切な人が、もし、いるなら、伝えるべきだと思う。いないなら探すしかないんだけど。いないなら、いまはとにかく仕事に集中してもいいんだけど。でもひとつだけ。自分にウソはいけないと思う。寂しくて、誰かと会いたくて、って思っているなら、時間作って行動すべき。

いつもいつも、何かのせいにしてきていませんか?

時間がないから・・・・。時間のせい。

もう若くないから・・・・年齢のせい。

誰も相手してくれないから・・・・誰かのせい。

いつもいつもいつまでもそんなことを繰り返すつもりなんですか?

生まれて、今、生きているのに・・・・。この文章読んでいるのに・・・・。いま、生きているんですよ。動かないといけないよね。難しく考えることなんてなにもない。ただ動けばいいだけ。それだけ。どう動けば・・・?なんか考えなくていい。動くこと。動き出せば道は見つかるし。

鏡に映る自分と話しをするのも、いいきっかけになるそうだよ。

どうなんだ?

そうなの?

ほんとうに?

いいの?

そうなの?

繰り返すといいそうだよ。毎日毎日。答えが出なくてもいいんだ。毎日聞く。自分に。答えが出なくてもいいんだ。だいたい、答えなんて学校しかなかったんだから。自分の未来に答えなんか、あるけど、それは自分が出すんだよ。自分で出すんだよ。

答えを。自分で。

でないときが長いときはある。しかしいつか出る。出ないときは落ち込むけど、答えを探しているなら、それでいい。

なにかを変えるとき。

なにかが変わるとき。


バツイチの婚活が、2013年のキーワードになるような感じがしてきました。離婚率50%とも言われる昨今、再婚目的での出会い系サイトの利用はまったくめずらしい時代でもなくなってきています。逆に、インターネットが恋愛のきっかけを劇的に変えたことで、10年前までのわずかしかなかった可能性が飛躍的に増大したといっていいでしょう。

バツ一、再婚組のメリットは大きい。なぜなら、一度失敗しているからこそ、結婚生活におけるポイント、男性なら女性目線はどうゆうものなのだろうか、とか、女性なら、男性は結婚するとどうゆうことが心配でどうゆうストレスをもつようになるとか・・・いろいろなことがわかっています。そうゆう異性の考え方や違いを理解していることが多い、というメリットを感じる独身男女も、けっこうめずらしいことではありません。人生とは失敗するものなのですしね。特に10代や20代前半で結婚したカップルというのは、性格にかんしての自分の考え方や、人の価値観、お金の価値観、まったくといっていいほどわかっていないことが多いモノです。

ただ、経験者のメリットがあるにせよ、敬遠する人もいることは確か。

どうすればいいのか。

一番重要なことは、コミュニケーションを取ること。言葉に発して、具体的内容として、再婚だということをしっかり、クッキリ最初から伝えることが肝要でしょうね。あとになればなるほど、言い出せなくなります。結局、相手にとって気にするようなことを最初に話すことが大切。もちろん、子供がいることに関しては、一番重要な要素ですね。

理解しておくことは、決めるのは自分ではない。

ことでしょうね。

自分の好みもあるけれど、あくまで相手がいての恋愛ですから・・・。きっちり最初に伝える。バツ一じゃなくても、必要なことのなのかもしれません。

みずから行動してはじめて結婚が可能になる時代です。親戚のおばちゃんも、世話好きな人もいまはほとんどいません。いても怖いでしょうしね、いまでは・・・・。

恋愛・婚活をはじめましょう!

2013人気どころなら、パートナーズもいいね。

お盆に婚活を始める人が多いそうです。お正月も多いんですけど・・・。実家に帰って、墓参り。そして、お休みをのーんびりとまったり過ごす。そして、夜は家族で団らんの時間。お酒も少し・・・。しあわせに暮らして欲しいと願う父親、そして母親。いつまで一人でいるの?相手はいないの?等々。毎年行われる攻撃が始まる。うーん・・・・。でも、今年は違うかも知れませんね。年齢が少し、そろそろ適齢期、また、適齢期前でも将来への考え方に周囲の変化も見られます。感じているのです、激動の時代ですからね。。。一人より二人。二人より3人。そう、自分でも行動しないといけないな・・・と思っていたら、行動することでしょう。

ネットで婚活を始める人が増えています。最初から、肩ぐるしくうやうやしく紹介されたらいやだなあ・・・・と思っている人は男性女性とも多いんですよね。断れないといやです。断りにくい状況もいやなんですよね、これが・・。将来を決定する相手を決めるのですから、自分の判断を尊重したい。自由に判断できる状況がやっぱ大切なんですもの・・・。だからこそ、はじめに大げさにするのではなく、気軽に始める。親は軽すぎるっって言うかも知れないけど、そんなことはないのです。大切なのは、まず始めること。はじめなければ始まらない。当たり前だけど、いままでのことを思えば、前進こそ未来へのステップなのです。勇気を振り絞って前にすすみましょうね。金額的なことも大きいですね。気軽に始めたいってことの中に、お金のことがあります。現実なのです。そんなにかけたくない。何十万もかかることは、生活自体を圧迫するのですから・・・・。いけません。月額3000円が最初のステップ。出して1万円でしょう。なぜなら、すぐに相手が見つかるはずもなく、最初は自分自身の考えることも多いはずで、将来のことにつながるステップなのですから、1年単位で考えないとね・・・ってことで、月額10000円以内が妥当でしょう。お金持ち出なければ・・・・

数年前までの、アナログ時代なら相手探しには最低月額数十万円だったでしょうけど、いまは、ネットで基本的コミュニケーションシステムがいっぱいある時代。20年前の両親の世代はいっぱいお金がかかったのです。しかし、いまは、すっごく安く行動出来るのです。「気軽に」って意味は、両親の時代とは違う今の時代なのです。そうゆうことでは、両親は気にせず最初の一歩を踏み出せるはずです。さあ、始めましょう!

iPhoneやAndroidへのスマホ対応していることが出会い系にとって大切なのでしょう。なぜかと言えば、登録して利用する会員にとってすっごく使い勝手がいいから・・・。なんですね。そう今ではスマートフォンで使いやすいのがどんなサイトを選ぶにも基準になるのでしょう。

使い方などはますます初々しいものでもなんでもそうなのだろうけど、20歳代前後の年齢層のまさに出会いたいっって人たちにとっては、一番の目的、ますます好感をもたれること、に最大のがんばりを見いだすのでしょうからね。新しいもの、はやっているものには分館ではないと会話もままならない状態になってしまうから・・・。だからどうなの?っていえばそうなのだろうけど、適齢期の女性が興味を持っているものには、必死で男性も興味をもって見ていないと、同年代の美しい女性のハートはゲットできないのでしょうからね・・・。

さて、梅雨ももうじき明けるし、社会人はボーナスが出たし、長い休みも少し取れるってなってくると恋人が欲しいよね。社交が苦手って言ってる場合じゃないんだよね。さっさと、優良出会い系でコミュニケーションを取って、デートの約束を取り付けよう!

ずっといい関係でお付き合い出来ればいいな

彼女とはオフ会で出会いました。
お互いチャットは結構していたのですが、なぜかこのオフ会が初絡み!
オフ会の場ではそんなにお話出来なかったのですが、たまたま帰る方向が一緒ということもあって、一緒に帰ったんです。
それ以来、チャットやメールで話をするうちに意気投合して、クリスマスには新宿にイルミネーションを一緒に見に行きました。これからも、ずっといい関係でお付き合い出来ればいいな。と思ってます。

初めてオフ会で見た彼は可愛いタイプな人だなと思いました。
何度かあっているうちに 派手さはないけど大事にしてくれそうな人だと思うようになりました。きっと色々なことが有るとは思いますが、お互い今までの経験を生かして話し合い歩み寄りあっていければいいなと思っています。仲良くしようね。。



ラブサーチで出会って、良い時間を過ごしているカップルが続出中です。ラブサーチには出会い系なんだけど、会員主導で行われているオフ会があるのが特徴。全国各地でいろんな名目で行われています。オフ会掲示板を参考にどしどし出会いの機会に参加しましょう!
でもうまくいく秘訣は最初はメールでしっかりコンタクトをとっておくこともたいせつなのかもしれません。仲良くなる前に、あるいはカップルで合う前にオフ会に参加して、気軽に出会う・・・そんなストーリーもうまく交際に発展したカップルの王道です。

男性定額制女性無料の筆頭格、ラブサーチが、2012年1月サイト運営開始から11周年を迎えました。
すごいことです!
出会い系と言った言葉すらなかった運営開始当初、、、出会えるためにどうしていけばよいか日々葛藤しながらこんにちに至ったのです。
サイトの使いやすさもそうだし、出会い系では少ないオフ会の開催への門戸開放。結婚カップルも出始め、カップルの幸せいっぱいのメールや感想を掲載し始めたのは、いまでは当たり前のように会員の感想などレビューを掲載するサイトがほとんどになったけど、ラブサーチがおそらく最初だったはず。

カップルになりました報告や結婚しましたメールを合計すると、なんと2000通以上!!ありえない数です。とにもかくにも、カップルが11年で誕生し、氷山の一角の方が報告のメールや手紙を届けてくれたのです。ありえない数!!

2012年1月、累計会員も、男子定額制出会い系カテゴリでは、ダントツNO.1の126万人を突破。
きょう現在も全国各地でサイトに登録し、メールをやりとりしているんだよね。。。
あなたもいまから始めよう。


気軽に出逢いを探したい。そんなひそかな希望を満たしてくれる優良サイトはたくさんはありません。
男性は月一回の居酒屋をがまんすれば良い料金。
女性はとことんバリバリ使いまくっても無料。
さあ、いますぐ登録してがんばりますか
婚活もできるラブサーチへ!!

結婚しない人が多いね。不景気だし、デフレで賃金がまったく上がらないから、結婚んどころじゃないって男性が多いからなんだね。やっぱ経済的に安定そして、賃金が増えていく状況じゃないと、結婚して子供つくって、家買って・・・・・てならないものね。。。
こんな状況だからゆくゆくは結婚したいけど、具体的に婚活サイトに登録ってしないものなんだね。。。。
でも恋愛はしていたい。。。。やっぱ出会い系で、まじめな付き合いの出会いの可能性もあるサイト。。。そんなサイトがいま、いいんじゃないかな・・・・
恋愛は不景気だろうが、デフレだろうが、お金が無くったって、恋していたい。。
みんなそうだよね!

出会い系サイトで出会うための秘訣&ヒント!!


サイト内のメールのやりとりが主なので、印象が大切。

メールとはいえ人となりが見えますので、やっぱり礼儀正しく対応し、

できるだけ丁寧なメールを心がける。

気にいった相手なら相手と同じぐらいの量の文章にしたり、少しづつ慣れていくようにしたりとか

写メなどでひとめぼれってのも有りだけど、出会う前のやりとりが大事みたい。

とくに、会って話すよりも、中身がわかることもしばしば・・・・。


見た目じゃないことはないけど、見た目以上に中身が大切ってことかな・・・・

男子も女子も今では、クリスマスよりも大きなイベントになってきました

バレンタインデーが2011年もやってきます。

クリスマスは、もう付き合っている恋人たちが楽しく、より近づくための

イベント。

バレンタインデーはこれから、恋をする男子・女子のためのきっかけのイベント!

まごまごしてちゃ、人生おもしろくないでしょ。。。

積極的に出会いのきっかけ探しましょうよー


バレンタインまでまだ間に合ういま、女性が思い切らなきゃ始まらないよ!

絵文字とは、携帯電話にもともと入っている、イラストを用いた文字のこと。

2008年頃までは、携帯電話キャリアが違えば、絵文字が使えないことも多かったが、

最近では、キャリアが違っても表示される絵文字も増えてきた。

出会い系サイトでもそう。

ハートマークや喜怒哀楽を表す人の表情など、メッセージの内容をより表現豊かに伝えるために使われるので、テキスト文章だけでは冷たい印象を与えがち。

特に、最終的に出会うためには携帯の番号交換が必須の出会い系では、

携帯で利用するユーザーが増えているので対応も早い。


人の発展は、アダルト含めた部分からの発展だとスピードが早いのだろう。

1 2