なんでも情報

チャットがきっかけ

毎日朝起きたら大切な人の顔が最初に見れて、毎日寝るまで大切な人の顔が見れる


家内はラブログに投稿を多数していました。小物を手作りしたり、自分で部屋をリフォームしたりしているのをアップしていて、それに私がコメントをいれたり、コメントの返信が帰ってきたりしてました。

あるとき、たまたま同じラブチャットに入室しました。いつもコメント&コメレスありがとうなんて話題ですぐに打ち解けることができたように思います。家内はラブログ投稿に飽きて、チャットに出始めたところだったようです。(一部、艶っぽい投稿もしていたようですが、私は見ていません。残念...)私はというと、エンジェルメールに飽きて、チャットってどんなもんかと入り始めたとこでした。(チャットし始めるとパケット代にびっくり!! すぐパケット定額にしました^^;)
それからは、毎晩、お約束のように同じチャットに入って楽しく話していました。
そうなってくると、何人も仲良しのメンバーができ、ますます楽しい会話を楽しんでいました。

あるとき、チャットの最中に家内が住んでいた東北地方で地震がありました。私が住んでいた中部地方でも揺れるくらい大きな地震でした。このときは本当に心配になり、状況確認したいからってことで初めて電話で話しました。大事はなかったようで安心しました。

またあるとき、家内からチャットに入れないとのメールが...。
仲良くチャットで会話してる中心人物だった家内を妬んだのでしょうか、通報・会員削除されていたようです。家内、私はもちろん、親しくしていた友人たちもラブサーチのサポートセンターへ抗議してくださり、なんとか復活してもらうことができました。この事件がきっかけだったのかも知れません。急にお互い意識しあい初め、会ってみたいなあって思い始めたのは...。

ある日、家内は冗談混じりだったかもしれないですが、会いに来てってメールをくれました。それじゃあ、会いに行きますって軽いノリで仕事をちょいサボリモードで出掛けることにしました。でも、走れど走れどゴールは遠く、到着してみたら8時間・600キロの旅でした。途中、似たような名前のインターチェンジで間違えて降りたなんて大ボケかましながら...。
会ってみると、やっぱりお互い惹かれ合うものがあったのか、それからは毎週会いに長距離ドライブでした。家内に会えると思うと、片道600キロの運転も全く苦になりませんでした。会えないときには、せめて声を聴いていたいってことで、ウイルコムを2台購入しました。家内は相談したときには要らないって言いながらも、いざ話はじめると予想外に楽しかったようで、結果は大正解でした。

そんな二人だから、一緒に暮らしたいと思うのは当然の成り行きでした。心配ごとは、家内と同居していた長男が一緒に来てくれるかどうか、私を受け入れてくれるかどうか...。ある日、思い切って、君のお母さんと一緒に暮らしたいんだけど一緒に付いて来てくれないかな?って聞いてみたら二つ返事でOKでした。実は家内が息子さんにあらかじめ話してくれていたようです。ひと安心。そして、引っ越し。引っ越し業者に東北から関西まで費用見積もってもらったら安くても40万円!!
こりゃ馬鹿らしいと2tロングのレンタカーを借りていざ引っ越し!レンタカー代の6万円と燃料・高速代の4万円、計10万円で済むからがんばろ?って積み込み始めたが...。なんでこんなに荷物あるの???全然乗り切りません(^_^;)結局、次の土日もレンタカー借りて荷物運びましたが、それでも全部は載りませんでした...。置いて来た家財道具もったいなかったです。

で、ついに憧れの新婚生活!!最初は毎日朝起きたら大切な人の顔が最初に見れて、毎日寝るまで大切な人の顔が見れる。ただそれだけで、本当に幸せでした。しかし...。
しばらく一緒に暮らしていたら、出て来る出て来る、喧嘩のタネが...。
何度も別れ話を繰り返し、本気で別れようってお互いに決心して、また家内と息子さんが引っ越ししようとしていたときです。息子さんの発案で、元の東北ではなく、中間地点の関東に引っ越しすることに...。
引っ越し先を決めるのを手伝っている最中に気付いたのですが、なんと仲良くできていることか...。
離れると決めたとたんに、お互いに優しくしあえる私たちって、なんなんでしょうね。

やっぱりお互いが一番大切だし、大好きなことを再確認したのでした。
離れて暮らしていても、遠距離恋愛みたいな夫婦もありなんじゃないかなって、二人して同時に結論を思い付いたのです。周りから見たら変な夫婦かもしれないですけど、私たちのラブラブを持続するにはこれが最良の形だと判ったのでした。

元、関西で3人暮らしていた家のご近所さんには、息子の学校の都合で別居するって知らせてあるので、近所の方と顔を合わせる度に、離れて暮らすのは大変だけど頑張ってねと励まされてる毎日です。もちろん、毎日ラブコールとラブメールは欠かさないし、月に何日かは関東でぺったんこ?しています。
GWや夏休みには、孫も一緒に関西に来てくれる予定です。

私にも子供が2人いますが、お互いの子供らが自立したら、田舎で夫婦2人だけで時給自足生活するのが夢です。そして年老いたら、子供らの世話にならず、2人して老人ホームかシルバーマンションに入居して仲良く暮らしたいと二人でよく話をします。

いまのネット社会がなかったら、ラブサーチがなかったら絶対に接点がなかった2人です。
本当にラブサーチには感謝しています。
いまもこうして家内のことを一番大切に思える気持ちを、ずっと忘れずにいるようにします。
本当にありがとうございました。



ラブサーチの「ラブチャット」がきっかけで、どしどし話すようになり、お互い惹かれ合って、そして出会いへ・・・・そんなものなのかも知れません。インターネットが距離を縮める、なくす。補遺と同士の距離を埋める。気持ちまで埋める・・・・。サクラのいない出会い系ラブサーチは、男性月額制で不正請求などない安心コミュニケーションサイト。さまざまな出会いを体験出来るでしょう。

関連記事

婚活・お見合いサービス ラブサーチ縁結び
定番出会い系サイトラブサーチには、婚活・お見合いに特化したサービスサイト「ラブサ...
ブログ利用で人がわかる
最初は「メル友でも見つかればいいな」くらいの軽い気持ちで入会しました。 ふと気が...
登録から出会いまでの流れ
サイト登録ってなぜかわかりにくいんですよね。どうなるか不安な部分もあるから・・・...
女性が年下男性と
私は恋の病にかかってる最中です。 出逢った頃は年下の彼には全く気持ちもなくお友達...
チャットがきっかけ
毎日朝起きたら大切な人の顔が最初に見れて、毎日寝るまで大切な人の顔が見れる 家内...
女性誌SEDAに広告掲載
婚活も出来る男性定額制・女性無料【ラブサーチ】が女性誌SEDA2012年6月号に...
体験談コーナー
人気大爆発中ラブサーチがますます充実してきています。いままっさかりの充実度を誇る...
少しの勇気
毎日のように愛の確認は未だに続いています 今、思えば私たち二人の出会いはラブログ...
メル友
メールの文章から伝わってくるままの優しい彼 初めてのメールから優しさと真面目な人...
恋人探し
昔から知り合いだったような不思議な感覚でし 私がラブサーチに登録したのが7月8日...